スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.01.11 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    懐かしの雷魚フィッシング

    0

      新潟の海釣に行くたびに気になっていた淡水魚。

      それは雷魚

      かれこれ雷魚とは25年近く会っていない。

      若いころは雷魚を狙って何度となく釣に出かけたっけ・・・
      最後に釣ったのは埼玉の某池かな?
      その前に一度、飛行機に乗って佐賀県まで遠征して雷魚の80僂魍佑辰燭海箸鮖廚そ个靴拭

      そこで今回はしっかり狙ってみようと思い、計画を立てた。
      グーグルマップで野池などの地図を広い出して海釣の合間に挑戦することに!



      おおーっ!

      ハス池のサンクチュアリを発見!!

      雷魚ハンターにとってヨダれの出そうなフィールドがありました。

      実は前回釣行の合間にも偵察に来た場所です。

      その時に素晴らしいバイトがあったので、今度は気合を入れて挑みました。

      タックルは昔の雷魚ロッドを使わず、オーストラリアでマーレイコッドを釣った時の思い出のロッドです。

      友人ガイドのジェイミーフレッドからもらったハンドメイド。

      マーレイコッドの45キロクラスと戦えるハードロッドなので、リリーパッドの雷魚戦でも使用できるパワーがあります。



      昼間の時間帯ですが、ポイントを狙うがバイト無し・・・

      うーん、やっぱり雷魚は甘くない。
      数も少ないし、簡単に釣れる魚じゃありませんね!



      フロッグをリリーパッドに通しながら雷魚の気配を感じ、スポットに落としてシェイクする。

      やっぱりこの釣りが大好き!
      昔の自分に戻ったような感覚だ。

      しかし、新潟でも雷魚は簡単に釣れる魚じゃないことを確認する。

      結局この写真の正面で「ズドン」とフロッグが引き込まれ、強くフッキングするも途中でバレてしまい、雷魚との対面はできなかった。


      4時間近く粘ったが、2バイト、ノーキャッチで終了。

      残念でしたが、また機会があればチャレンジしますよ!



       

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.01.11 Monday
        • -
        • 09:19
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック